ムルソー/Meursaultのメゾンドットが皆様をおもてなし致します

 

囲いのある土地 :

壁に囲まれた庭園 ;

作物を栽培し、動物を飼育し、楽しみのための囲われた土地.


歴史 :

18世紀に建設され、以前にはブドウ栽培者が住んでいた家は、2004年に買い取られ、熱心に修復と改築が行われました。. 


メゾンのエスプリ :

シンプルながら真心のこもったおもてなし。歴史を保存するとともに洗練された環境。当初の素材や、場所柄などを尊重して改築が行われています。

ブドウ栽培の地ブルゴーニュ/Bourgogneの中心ムルソー/Meursaultに位置するクロ・サン・ジャック/Clos Saint Jacquesは、道が交差する場所にあります…。


北にはシャブリ/Chablis、南にはコート・デュ・ローヌ/Côtes-du-Rhône北部の境界があり、その間に位置するムルソー/Meursault村は、白のグランヴァン(格付けワイン)の素晴らしい品質で世界的に有名です。


また、ムルソー/Meursaultは、いつの時代にもベルギー/Belgique、 ルクセンブルク/Luxembourg、ドイツ/Allemagne、ハンガリー/Hongrie、スイス/Suisseからの巡礼者が集まる場所でした。彼らは南へと下り、ピレネー山脈/Pyrénéesを超え、スペイン/Espagne北部を横切り、サンチャゴ/Santiagoに辿り着く前に、クリュニー/Cluny修道院に集まりたいと考えました。


シトー会/Citeaux修道士によって築かれた、コンポステーラ/Compostelleへの巡礼の通過の地であり、ブルゴーニュ/Bourgogneのグランヴァンのこの土地にあるクロ・サン・ジャック/Clos Saint Jacquesは、今日、ムルソー/Meursaultの中心で、真に魅力的な平穏な環境とともに皆様をお迎えしています。


道が交差する場所に